電話加入権とは TOP

このサイトについて

NTTの電話サービスを申し込むときに、必ず見かけるといっていいほどの言葉である「電話加入権」ですが、これはどういった意味なのでしょうか。電話加入権は、NTTの電話サービスを受ける際に購入する必要がある、契約・架設する権利のことです。電話加入権が必要な電気通信事業者はNTTだけなので、他電気通信事業者は電話加入権代金が不要なことをNTTと競合する際の優位点としてアピールすることが多いです。

電話加入権を購入すると、電話の架設場所の移転、利用の休止などができるようになります。ただし、休止をするときは5年ごとに更新手続きを取る必要があり、その手続きがされなかった場合、5年で電話加入権は消滅するので注意が必要です。

また、親族への相続や企業形態の変化により、契約者の意思に関係なく権利が移転される場合は、名義変更を手数料無料ですることができます。ただし、契約者の意思による譲渡や遺言上の贈与などにおいては、名義変更に手数料がかかるので注意が必要です。

電話加入権は「施設設置負担金」として使用されることもありますが、同じ意味なので間違えないようにしましょう。電話加入権を購入して大手のNTTに任せるか、電話加入権の不要な他事業者に任せるかは本人の価値観しだいです。

    電話加入権

    おすすめ情報

    Copyright(C) 電話加入権とは All Rights Reserved.