電話加入権とは TOP > 電話加入権 > NTT以外の電話サービスのメリット

NTT以外の電話サービスのメリット

NTT以外の電話サービスのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。従来は、電話サービス市場をNTTが独占していたので、NTTのサービスを受けるのが当たり前という風潮があり、ぱっと浮かばないかもしれませんが、KDDIのケーブルプラス電話(ケーブルテレビ回線利用)、メタルプラス電話(アナログ、BRIのみ)、光ダイレクト、またソフトバンクテレコムのおとくライン、またジュピターテレコム(J:COM)のJ:COM PHONE(J:COM CATVのサービス地域限定)、またNTTコミュニケーションズのArcstarダイレクト、VoIQなどがあります。KDDI(au)やソフトバンクテレコム(ソフトバンク)の名前を見れば、電話サービスの実感が湧いてくると思います。

過去には、平成電電のCHOKKA(2006年まで実施)、パワードコムの東京電話ビジネスダイレクト(2004年まで実施)など、意外と多くの電話サービスがこれまでNTTの陰に隠れながらも提供されていたのです。

このようにNTT以外の電話会社が提供する固定電話サービスのことを直収電話といいますが、メリットとしてはNTT特有の電話加入権が不要なこと、基本的な価格が安いことなどが挙げられます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話加入権とは All Rights Reserved.