質権とは

電話加入権も適用される質権とは、担保の一種であり、民法第342条に規定される典型担保物権のことです。借金を負う際、担保となるものを債権者へ差し出さなければいけませんから、その担保となるものを質権を設定する債務者もしくは第三者から受け取った債権者は、それを占有し、他の債権者に先立って自分の債権の弁済を優先的に受けることができる権利を持つという決まりです。

似たもので抵当権という担保物権がありますが、これは引渡しが必要ではないことから、抵当権を成立させた後も占有者が使用や収益をすることができるというシステムです(もっとも中には引渡しが発生する場合もあります)。質権は、占有の移転が必要になるため、抵当権とは異なります。

質権は、債権者が債務者の資産である質物を占有し、債務者がしっかりと期日までに借金を返済しない場合、質権を設定した債務者もしくは第三者はその該当資産の所有権が消滅するという契約です。つまり、債務を返済しないと、担保がその代わりとして、債権者のものになってしまうのです。このような心理的プレッシャーにより、返済を強制することを留置的効力といいます。また、債権者はこの担保を現金に代え、返済を受けることもできます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話加入権とは All Rights Reserved.